スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯浅芳子

湯浅芳子(ゆあさ よしこ、1896年12月7日-1990年10月24日)は、ロシア文学者。債務整理・自己破産府京都市出身。上京して婦人雑誌の編集に従事する中で、ロシア文学の翻訳・紹介を志す。野上弥生子の紹介で中条百合子と知り合い、1924年から、当時の夫と離婚した百合子と共同生活を送る。1927年から1930年にかけて、百合子とともに当時のソ連に滞在する。帰国後は、現金化口コミ・ソビエト文学の翻訳紹介を行い、21世紀までよみつがれる翻訳を発表した。この時期のことは百合子の『二つの庭』に詳しい。百合子とは、彼女の再婚を期に共同生活を断ち、その後は深い関係にはいたらなかった。晩年の1978年になって、自分宛の百合子書簡を編集、発表し、百合子の全集が刊行される前の時期の研究の深化に寄与した。生涯独身を貫いたことで、フェミニズムの立場からの注目も集まっている。死後、彼女の功績を記念し、外国戯曲の優れた翻訳・脚色・上演を行った者に贈られる湯浅芳子賞が作られた。生前の湯浅芳子と交流があった瀬戸内現金化口コミによる回想評伝『孤高の人』(筑摩書房、ちくま文庫で再刊、2007年)がある。百合子との関係については、沢部ひとみ『百合子、ダスヴィダーニヤ 湯浅芳子の青春』(学陽書房「女性文庫」、1996年)に詳しい。2008年には、宮本百合子との往復書簡が刊行された。[編集]著書いっぴき狼NIKKI1966狼いまだ老いず筑摩書房1973往復書簡宮本百合子と湯浅芳子黒澤亜里子編著、翰林書房2008.3[編集]主な翻訳チェホフ全集妻に送つたチェホフ書簡集新潮社,1928 のち『妻への手紙』として再刊ゴーリキイ全集幼年時代・随筆改造社,1931処女地ツルゲーネフ岩波文庫,1936 私は愛すアウデエンコクレジットカード現金化社,1936二十六人と一人マキシム・ゴリキイ山本書店,1936日記の中からゴーリキイ改造社,1937チェーホフとゴーリキイ往復書簡集筑摩書房,1941人間の誕生ゴーリキイ岩波文庫,1946ゴロヴリヨフ家の人々(ニコライ・シチェードリン)世界文学社, 1948、岩波文庫, 1975三人姉妹チェーホフクレジットカード現金化文庫,1950桜の園チェーホフ岩波文庫,1950その前夜ツルゲーネフ岩波文庫,1951伯父ヴァーニヤチェーホフ岩波文庫,1951かもめチェーホフ岩波文庫,1952森は生きている(サムイル・マルシャーク)岩波少年文庫、1953、新版2000幸福はだれにくるマルシャーククレジットカード現金化少年文庫,1956中二階のある家・わが生活チェーホフ岩波文庫,1959退屈な話・六号病室チェーホフ岩波文庫,1963魔法の品売りますマルシャーク岩波書店,1966世の中へ出てゴーリキイ岩波文庫,1971-72この「湯浅芳子」は、文人(小説家・詩人・歌人・俳人・作家・放送作家・随筆家(コラムニスト)・文芸評論家)に関連した書きかけ項目です。この項目を加筆、訂正等して下さる協力者を求めています(無料携帯ホームページ:文学/PJ作家)。項目が映画の脚本家の場合には{{Film-bio-stub}}を貼り付けてください。「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%AF%E6%B5%85%E8%8A%B3%E5%AD%90」より作成カテゴリ:ロシア文学者|1896年生|1990年没隠しカテゴリ:文人関連のスタブ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウズベクスキー

Author:ウズベクスキー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。